頭皮からもたるみを予防することでエイジングケアにつながっていく

頭皮からもたるみを予防することでエイジングケアにつながっていく

エイジングケアと言いうと顔のケアしか思わない人が多いと思いますが、実は頭皮にも秘密があるのです。

 

 

頭皮は顔の皮膚と1枚で?がっているのです。そこで考えられるのが、頭皮を引っ張ることで顔のたるみもケアできるのではないかということです。という考えがでたところで浮かぶのが今流行のスカルプケアです。頭皮の毛穴をきれいにし、頭皮のケア商品を使用してマッサージをすることです。

 

 

といってもただケアすればいいものでもなくやり方、正しい方法があるのです。スカルプケアのスカルプとは「頭の地肌」のことで、地肌の影響で髪にも状態がでてくるのです。今やシャンプーする洗い方まで研究されています。自宅でも前向きではなく頭を起こして洗い、前から後ろへ洗い流すことでたるみも軽減されるということです。これも最近良く聞きます。このときも頭皮とは髪の毛が生えてくる場所でもあるのです。そこの土壌を地肌の毛根をきれいにして髪が生えやすいよう活発にさせてあげることです。頭皮環境を整えることこそがスカルプケアになるのです。

 

 

そして、髪が薄毛という人もスカルプケアをすることで地肌の予防や改善を促すことができます。地肌にフケ・かゆみに悩みがある人もスカルプケアをすることで改善することができます。通常のシャンプーと違って洗浄力が強くて必要な皮脂まで落としてしまいがちですが、スカルプシャンプ―には髪の美しさを残しつつ、頭皮環境を最適な状態に保って頭皮に必要な皮脂まで落としすぎないようになっています。

 

 

シャンプーは、朝ではなくて夜洗うことが大切です。身体の成長ホルモンの分泌が高まる午後10時〜午前2時になります。そのときに、頭皮が汚いと髪の成長に影響が出るので毛穴の皮脂をきれいにしておくことが必要です。洗う時も、爪を立てず指の腹で優しくマッサージしてあげることも忘れないでください。洗い流す時のお湯の温度は高すぎると地肌が乾燥してしまいフケ・かゆみの元となるので37〜38℃ぐらいのお湯が適しています。シャンプーのすすぎ残しはシャンプー剤が毛穴に残ってしまい地肌と髪にダメージを与えてしまうので、よくすすぎすすぎのこしのないようにします。

 

 

シャンプー後はしっかり乾かしておくことです。水分が残ったまま生乾きでは、蒸れてカビや雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。良く乾かしましょう。こういった頭皮からもたるみを予防することでエイジングケアにつながっていくのです。