手や足に皺を付けない方法と心がけ

手や足に皺を付けない方法と心がけ

私は手や足に皺を付けないように気を付けています。

 

 

たまに手や足に皺が出来ていて、見た目があまり良くない人が居ると思います。見た目が悪くならない為にはいつも色々なことに気を付けなければいけません。まず手に皺を付けないようにするには、手を曲げる時に長時間曲げ続けないようにすることです。手を上向きに上げて曲げ続けていると、くるぶしの部分に複数の線が入って皺が出来てしまいます。

 

 

10代の頃は手を上向きに曲げ続けていても、くるぶしの部分に皺が付きにくかったのですが、年々年を重ねてくると皮膚が柔らかくなったり手や腕がむくみやすくなってきて、くるぶしの部分に皺が出来やすくなってしまいました。極力くるぶしの部分に皺を作らない為に、手を上向きに曲げた時は曲げ続けないようにしています。

 

 

それから肘を付く時に同時に手で顎を押さえている状態で居ると、くるぶしの部分に皺が出来てしまいます。なので肘を付く時も気を付けなければなりません。くるぶしの部分と同様に手首にも皺が出来てしまうので、気を付けたほうが良いです。体がむくんでいると、くるぶしの部分に皺が出来てしまいやすいので、体のむくまないように食事に気を付けています。

 

 

そして足にも皺を付けないように気を付けています。足も手と同じように足のくるぶしの部分や足の甲の部分を曲げていると、線が出来て皺が付きやすくなってしまいます。足はくるぶしの部分よりも甲の部分のほうが、線が出来て皺が付きやすいような気がします。なので座りながら足を組む時などに、甲に線が入らないように、足を曲げないように座ると良いです。

 

 

甲の部分は体全体の体重が乗っかってしまうので、線が出来て皺が付きやすいです。なので、甲に体全体の体重が乗っかってしまうような体勢を取らないようにすることを心がけるようにすると良いと思います。一度皮膚に皺が出来てしまうと、なかなか皺が取れないので、常に手や足に皺を付けないように心がけるようにすると良いです。