表情筋を使って老化防止を心がけよう

表情筋のエクササイズでほうれい線ができにくくなる

ストレスや紫外線なども、老化への早道だと言われていますが、表情筋の衰えも、老化につながるといわれています。

 

一人でいるときには、あまり表情筋を使わないことも多いのではないでしょうか。

 

誰かといるときには、いろいろな表情をするので、表情筋を使うもの。
特になれた関係の人よりも、初めて会う人や、好きな人の前などでは、いつもより表情筋を使って筋肉痛になるのではないでしょうか。

 

表情筋が衰えると、顔の皮膚全体がゆるんできてしまうともいわれており、生活習慣の乱れもプラスされると、もっと老化が早くなってくるといわれています。

 

一人でいるときなどにも、いろいろな表情を心がけて欲しいものです。
テレビを見て、大笑いするなど、笑顔を心がけるようにしましょう。
口角を上げるだけでもすごく効果的です。

 

イライラすることがあっても、出来るだけ笑顔を心がけることによって、あまりイライラしなくなり、ストレスがたまりにくくなるとも言われているのです。

 

また、表情筋のエクササイズを日ごろからするだけで、ほうれい線が出来にくくなるともいわれています。

 

べロ回しのエクササイズや舌を突き出すエクササイズも効果的です。
そして、ベロと目を同じ方向に一緒に動かすエクササイズは、表情筋を全部使うとも言われています。

 

そして、積極的に外出をするのもお勧めです。
自分が楽しくなれる所に積極的に外出したり、新しい刺激を受けられるところなどにも積極的に足を運んでみるのもいいですね。

 

内面からワクワクすることがあれば、表情にも出てきますし、生き生きとした表情になってきます。

 

適度に運動するのも、表情筋を鍛えるのにも、実は効果的だと言われています。

 

子供がいるママさんには、子供とにらめっこをして遊んでみてはいかがでしょうか。
にらめっこは笑うと負けなゲームです。

 

沢山いろいろな表情をして子供を笑わせるのも楽しいですね。
いろいろな表情をしたり、笑いあったりするのも、老化防止に繋がっていくのです。