顔のほうれい線を薄くするための4つの方法

顔のほうれい線を薄くするための4つの方法

顔のほうれい線は、加齢とともに出来てしまいます。

 

 

ほうれい線が出来る原因としては、加齢とともに顔の筋肉が衰えてしまい重力に逆らう事が出来ずたるんでしまう点があります。もう一つは、加齢とともに肌のハリや艶が無くなってしまい皮膚が垂れ下がってしまう事が要因となっています。以上の2つの要因がほうれい線が出来てしまう原因と考えられています。ほうれい線を少しでも薄くするためにアンチエイジングが必要となってきます。

 

 

ほうれい線を防ぐには、何よりも顔の筋力を鍛える必要があります。特に顔は皮下脂肪が非常に多い部位のためどうしても垂れ下がりやすくなります。腹筋や背筋のような体全体を使ったトレーニングではなく簡単なエクササイズで顔の筋肉を鍛える事が出来ます。誰でも手軽に実施出来るほうれい線を薄くするための4つの顔のトレーニングやエクササイズを紹介します。

 

 

1つ目は、割り箸を使った表情筋のエクササイズです。表情筋は、特に使われない顔の筋肉の部位でどうしてもたるみやすいです。

 

 

割り箸をくわえて口角が割り箸よりも上の位置にいるようにキープする事で表情筋を鍛える事が出来ます。次に頬のたるみを無くすために口輪筋を鍛える必要があります。ひょっとこのように口をすぼめて左右に動かします。すると普段使わない口輪筋の筋力を鍛える事が出来ます。次に舌を回す事でも口の周りの筋肉を鍛える事が可能です。右回り、左回りに回す事でダイレクトにほうれい線をプレスする事が出来ます。

 

 

最後に顔のむくみを取るためのリンパマッサージが有効です。マッサージをする事で老廃物や不要な水分が排出されていき顔のむくみが取れます。マッサージ専用のクリームなどを使い耳の前、首筋、鎖骨といった順番でマッサージをしていく事で老廃物などが排出されます。耳の前から首、鎖骨にかけて流れるようにマッサージをし毎日10セット程繰り返していくと効果的です。

 

 

以上、ほうれい線を少しでも抑えるために手軽に出来るエクササイズです。