美肌を損なう大敵、光老化の対策法

美肌を損なう大敵、光老化の対策法

美肌を損なう大敵には光老化があります。

 

 

太陽の光は一生ついてまわり、対策しないといけない美容の敵でもあります。ここでは光老化について理解しましょう。

 

 

光老化とは何か?

 

 

齢を重ねる事で起こる変化を老化と言います。皮膚ではシワが増えてきたり、皮膚の厚さが薄くなったり、髪の毛も減りますし、白髪にもなります。ところが長い間太陽の光に繰り返して当たった事で、顔や首、手の甲などの皮膚にも変化が起こります。

 

 

これらは普通の老化と違います。例えば皮膚の色が黄ばんだり、シミができたり、太くて深いシワが増えたり、皮膚の艶も無くなります。このような変化を光老化と呼ばれています。

 

 

光老化の症状で多いのは老人性色素班 

 

 

特に多く見られるのが、老人性色素班です。老人性とはいえ20代から悩んでいる人もいます。老人性色素班は色が薄いものから、濃ゆいものまであり、形もいろいろです。さらに表面がざらざらして乾燥してしまい、艶もなくして、厚くて硬い皮膚になり、ハリも損ない、シワが増えてさらに深くなります。

 

 

光老化を防止するには

 

 

光老化を起こすのは太陽の光の内でも紫外線です。紫外線には波長が短い方からUVC、UVB、UVAの3種類があります。この中でもUVBとUVAが光老化を起こす原因です。ですからこれらの両方をブロックする必要があります。具体的にどうしていくかと言うとサンスクリーン剤を含めて、遮光が必要になります。選び方としてはUVBにもUVAにも有効に働く、広域サンスクリーン剤を選ぶ事です。

 

またSPFは10から30程度でPAは+から++を購入しましょう。

 

 

光老化の治療 

 

光老化の治療は皮膚腫瘍の外科的切除や、レーザー、レーザー以外の光治療、ケミカルピーリング、トレチノインなどの抗光老化外用剤、美白化粧品、ビタミン類の服用などいろいろです。太陽光線は生涯付き合う相手と言えます。ちょっとした隙にも肌に届きますから、紫外線対策を万全にしておきましょう。その事で10年後のあなたに大きな違いが出てきますよ。