パウダー系のベースメイクアイテムは肌が汚く見えることも

パウダー系のベースメイクアイテムは肌が汚く見えることも

私は現在ベースメイクをする際は、パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどのパウダー系のものは一切使用していません。

 

 

10代や20代の頃は必須アイテムとしてよく使用していたのですが、30歳になって以降は毛穴やしわが目立つようになってきて、パウダー系のベースメイクアイテムを使用するとお肌がかえって汚く見えてしまうので、いつしか使わなくなりました。現在はベースメイクアイテムとしてはBBクリームを主に使用しています。

 

 

パウダー系のベースメイクアイテムを使用してお肌がかえって汚く見えてしまうのは、パウダーの粒子が粗めでお肌に塗った時にかえって毛穴や凸凹が目立ってしまうからということ、また30歳を過ぎて目立つようになったほうれい線や目じりなどのしわに深く入り込んで目立ってしまうからということが主な原因として挙げられます。

 

 

また私はどちらかというとイエローベースのお肌なのですが、ベースメイクアイテムの多くがピンク系の色味のものが多くて自分のお肌の色に合わないので、使用すると何となくお肌が汚く感じるのです。今はBBクリームをベースメイクアイテムに使用していますが、これはたまたま自分に合う色味があるものを見つけたので使っているだけで、本当はリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使いたいところです。

 

 

しかしこれらのベースメイクアイテムを使用すると今度は化粧崩れがひどくなってしまい、またしてもお肌が汚く見えてしまうので現時点では使用していません。一方でBBクリームはお肌には優しく、美容成分も含まれているので使用していくうちに美肌になることが期待できますが、カバー力がファンデーションと比較すると物足りないのでベースメイクアイテムとしては満足していません。なので早く自分のお肌に合いそうなリキッドファンデーションやクリームファンデーションを見つけてそちらを使い、年を重ねても美肌に見えるようにメイクをしたいと思っています。